医療法人財団 織本病院 HOME > 病院概要 > 織本病院のあゆみ

織本病院のあゆみ

1918(大正7)年   東京都中野区に織本外科医院を開院。
1952(昭和27)年   医療法人財団織本病院に改称。
1954(昭和29)年   東京都北多摩郡清瀬町(現在の清瀬市竹丘)に60床の清瀬分院を設立。
1957(昭和32)年   分院第1次工事40床増築、100床となる。
1959(昭和34)年   分院第2次工事40床増築、140床となる。
1961(昭和36)年   分院第3次工事40床増設、180床の医療法人財団織本病院とし、同時に中野の本院を付属診療所とする。
1965(昭和40)年   胸部外科専門病院より7科目標榜の一般病院となる。
1967(昭和42)年   救急指定病院となる。
1969(昭和44)年   東京都清瀬市旭が丘に200床の新織本病院を建設。付属診療所及び旧病院を廃止。
1972(昭和47)年   新館胸部疾患病棟76床増築、224床となる。人工腎臓透析センターオープン。
1976(昭和51)年   4階部分を増築。総4階建とし、新館4階に新透析センター、オリモトホールをオープン。
1987(昭和62)年   遷延性意識障害者病室オープン。
1988(昭和63)年   リハビリテーションセンターオープン。
1995(平成7)年   特別個室病棟『ローズルーム』オープン。
2002(平成14)年   人工透析施設を備えた胸部疾患病棟新設。
2004(平成16)年   2階内科病棟リニューアル。
2005(平成17)年   3階外科病棟リニューアル。院内新売店『テラカフェ』オープン。
2006(平成18)年   胸部疾患病棟を休棟。
2007(平成19)年   結核病棟廃止。病床数が一般116床となる。
2008(平成20)年   外壁塗装・エントランス改修工事。オリモトホールリニューアル。
2012(平成24)年   1階エリアリニューアル。
2014(平成26)年   医療療養型病棟オープン。一般病床60床、療養型病床32床となる。
2018(平成30)年   電子カルテ導入。