療養病棟(2F)

2階の療養病棟エリアは患者様の「癒し」をテーマに創られました。
明るく広々とした空間で、患者様の安心・信頼・満足につながるようゆとりを持った心温かい看護を目指し、スタッフ一同心を1つにして患者様をお迎えしたいと考えています。
療養病棟では、入院が必要な透析患者様や下記のような長期入院が必要な患者様の受け入れを積極的に行っています。
◎ 気管切開・人工呼吸器(Bi-PAPなどマスク式人工呼吸器も可)管理が必要な患者様
◎ 透析(HD・HDF)管理が必要で入院療養を要する患者様
◎ 長期リハビリ療養のうえ、在宅復帰を希望されている患者様
◎ 医療区分2~3の患者様(区分1、生活保護の患者様については要相談)
療養病棟のナースステーションは、デイルームでくつろがれている患者様にも目が行き届くよう、デイルームと対面に位置しています。
患者様の心の癒しをテーマに作られた広々としたデイルームには、患者様やそのご家族の方々にもゆったりとくつろぎながら食事をとったり、談笑していただけるようなコーナーになっています。
患者様のプライバシーを守る明るい個室は、トイレ・洗面台・冷蔵庫・テレビ・テーブル・椅子等を完備し、快適な入院生活を送っていただけることと思います。4床室も明るく清潔感のある病室です。
また、スタッフが個別に関わっていけるよう、ビデオ学習や栄養・生活面へのアドバイス等に利用している相談室(多目的ルーム)も備わっています。
各病室の入り口を温かな光で飾る間接照明や、廊下のガラスに施されたガラスエッチングは、アーティスト馬場 敬一氏の作品です。2Fの照明にはルームナンバーと植物のイメージがひとつひとつ丁寧に描かれています。