透析患者様の検査

バスキュラーアクセス管理

バスキュラーアクセス(以下VA)とは、透析装置と身体をつなぐ血液透析治療に必要なアクセスのことをいいます。
当院では、自己血管内シャント、人工血管内シャント、動脈表在化のVAについて、定期的に超音波検査を行いVAマップを作成しています。
VAマップをもとに、患者様のアクセスの状態や穿刺方法を透析センタースタッフ全員で情報共有し、効率の良い血液透析治療が行えるよう努めています。

定期検査

● 胸部レントゲン
● 血液検査(月2回)

年間を通しての検査項目

● 超音波(エコー)検査 ー 甲状腺・心臓・頚動脈・腹部・シャント
● MRI検査
● CT検査 ー 胸部・腹部・頭部
● 骨塩定量検査(骨密度測定)
● 12誘導心電図検査
● ABI(足関節上腕血圧比)検査
● 眼底検査
● 上部内視鏡(胃カメラ)検査
● 下部内視鏡(大腸カメラ)検査

その他当院で実施可能な検査

● PWV(脈波伝播速度)検査
● 24時間ホルター心電図
● 肺機能検査
● 造影CT検査(冠動脈CTなど)
● 単純CT検査
● マンモグラフィー
● 乳腺超音波検査
● MRA(磁気共鳴血管撮影法)
● 甲状腺CT
● X線検査(レントゲン)